Case: Juliette the Doll

イギリスのマクドナルドが、クリスマスに向けた心温まるキャンペーン動画『Juliette the Doll』を公開しました。

主人公は、ジュリエットという名の可愛らしい人形。おじいさんの経営するおもちゃ屋さんのショーウィンドーに飾られています。

話し相手もおらず、いつも独りぼっちのジュリエットの夢は、クリスマスを大切な誰かと一緒に過ごすこと。しかし買ってくれる人がなかなか現われません。

通りの向かいにあるマクドナルドで、友人や家族同士で楽しそうに食事をする人たちを羨ましそうに眺めては、ため息をつきながら毎日を過ごしています。

そしてクリスマスイブの夜、ジュリエットはついに決心しました。店を飛び出し、人や車の往来する道路を渡り、マクドナルドへと向かったのです。

人々の笑顔が溢れる店内。
『なんて幸せそうなんだろう。』そう思いながらうっとりしていると、おもちゃのフィギュアが何やら合図をしてきました。

たくさんのプレゼントと一緒に袋に入っているところをみると、どうやらクリスマスの贈り物のようですが…そう、一緒においでと誘っているのです。

おもちゃ屋のおじいさんに手を振りながら、これから始まるまだ見ぬ家族との幸せな生活に、ジュリエットは胸を膨らませるのでした。

寂しそうな顔、はにかむような顔、そして喜びに目を輝かせる顔…ジュリエットの豊かな表情がとても印象的です。ツリーを飾ったり、ケーキを食べたりするだけでない、クリスマスの本当の意味を教えてくれる、マクドナルドの心温まる映像でした。