Case: The Solar Christmas Experience

冬の日照時間が短い北欧では、太陽光発電が難しいと思われがち。しかし蓄電池を使えば、日が出ている間に太陽エネルギーを貯めることができるので、冬や夜でも電気を使うことが可能です。

スウェーデンで蓄電池を販売する大手エネルギー会社・E.ON(エーオン)は、太陽光発電をもっと広めようと、太陽エネルギーを使った『クリスマスライトショー』を行いました。

会場はスウェーデンのSölvesborgの一軒家。家には夫婦が住んでおり、ソーラーパネルと蓄電池が設置されています。

ライトショー当日の夜、2人は自宅で用意されたスイッチをオン。

すると、眩い光と大音量でショーがスタート。家の中のツリーや、庭に置かれた自転車や木々が次々に光り始めます。

via GIPHY

曲はスウェーデン出身の人気DJアヴィーチーの『For A Better Day』のリミックスバージョン。

ショーはどんどんヒートアップしていき、通行人もその迫力に目が釘付けの様子。これだけ大量の電気を使えるのであれば、日常生活に使うには十分なはず。

via GIPHY

同社は、ライトショーの様子をまとめたWeb動画も公開。映像の最後には、こんなメッセージも。

我が社の蓄電池を使えば、一年中太陽エネルギーを利用することが可能です。地球に優しい方法で、クリスマスのライトアップをしましょう。

冬の日照時間が短い北欧でも太陽光発電が十分可能であることを伝えた、エネルギー会社のプロモーションでした。