Case: Coming Home for Christmas | Heathrow Airport

ロンドンのヒースロー空港が、初のクリスマスシーズン向けWeb動画となる『最高の贈り物(the best gift of all)』を公開しました。

「クリスマスには、家族で集まることが最高のプレゼント」ということを思い出させてくれる心温まるストーリーがSNSを中心に共感を呼び、話題となっています。

映像は、テディベアの仲良し老夫婦がヒースロー空港に到着するシーンから始まります。到着したことに気づかず、寝ているおじいちゃんグマ。
おばあちゃんグマは、そっと夫を起こします。

年を取った2匹には広い空港を歩くのも大変。途中で通りかかった電動カートに乗せてもらいます。

サンタの帽子を被ったスタッフに、もみの木が吊るされた電動カードと、空港内はクリスマス仕様。

入国審査も、パスポートを見せて無事に通過。

そして、2匹は到着ロビーへと向かいます。その道中にも、2人の愛情溢れる微笑ましいシーンが沢山。エスカレーターに乗るシーンでは、おじいちゃんグマがおばあちゃんグマの手を引いてあげます。

おじいちゃんグマがトイレに行くのを待つシーンも。

手荷物受取所では、スタッフの人に手伝ってもらいながら、なんとか荷物を受取ることが出来ました。

そして、ようやく辿り着いた到着ロビーで、2匹は誰かを探しているよう。

そこに、子供たちが走ってきます。
次の瞬間、クマの老夫婦は人間の姿に。どうやら子供たちは2人の孫のよう。おじいちゃんとおばあちゃんが孫との再会を喜ぶシーンで映像はフィナーレを迎えます。

空港のよくある場所を舞台に、2人の愛情溢れるシーンがギュッと詰まったこのWEB動画。音楽には、イギリスのポップロックデュオ『CHAS & DAVE』の懐かしい曲が使用されています。

YouTubeとFacebookで公開されたこのWeb動画は、公開から1週間で合計再生回数1,000万回を突破。同社のFacebookページの投稿は、シェア数が14万件を越えました。

70秒という短い時間でありながら、家族や夫婦の絆を感じて温かい気持ちになれるヒースロー空港のクリスマスシーズン向けWebムービーでした。