Case: Trump

先日、大統領選挙を通じて次期アメリカ大統領に就任することになったドナルド・トランプ氏。大方の予想を覆す結果に日本でも大いに話題になっていますが、本国アメリカでは早速トランプ氏のイメージを使ったユニークな広告が作られています。

“まさか”の選挙結果をもとに、世界最大のコンドームブランド・Durexが制作したクリエイティブがこちらです。

ホワイトハウスにある大統領執務室で満面の笑顔で写真撮影されているトランプ氏。

コピーは…

Durex lubes. Get in anywhere. Really. Anywhere.
デュレックスの潤滑剤。どんなところにでも入り込む。本当に。どんなところにでも。

潤滑剤のすべりのよさ(どんな形状・大きさのものでも、どんなところにでも滑り込ませられる)というメッセージを、“あのトランプ氏”が、“大統領執務室に入った状態”を通じて印象深く表現しているようです。

ユニークなクリエイティブに定評のあるDurexの広告に関心のある方はこちら[Durexの広告まとめ]をご覧ください。

(via Creative Criminals)