直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、マニュライフ生命、レオパレス21、三越伊勢丹ホールディングス、ユニバーサル ミュージック/ライオン、ジェクスの5つの事例をご紹介。

1:「マジンガー課長」が早期退職後、夢に向けた修業を追う!キャンペーンサイト「マジンガー課長、修業中。」公開(マニュライフ生命)

「Life 2.0 マジンガー課長、修業中。」スペシャルキャンペーンサイト

マニュライフ生命は、スペシャルキャンペーンサイト「Life 2.0 マジンガー課長、修業中。」を11月7日に公開した。Web限定ムービーを順次アップする。「今」から始まる未来を見据えて自ら積極的に行動し、健康で豊かな人生を自分らしく生きる人生のかたちを「Life 2.0」とし、それぞれの次のステージでのLife2.0を応援する内容となっている。

抽選でオリジナルプレゼントが当たるSNSキャンペーン「#マジンガー課長修業中」も開催。キャンペーン期間中、街中に出没するマジンガー課長の写真を撮影し、TwitterやInstagramに「#マジンガー課長修業中」のハッシュタグとともに写真を投稿した方の中から抽選で25名に「マジンガー課長オリジナル缶七味唐からし」をプレゼントする。

2:レオパレス21×eYeKa 世界172ヵ国以上のトップクリエイターと競い合える動画コンテスト「第2回動画世界道場」(レオパレス21)

「第2回動画世界道場」コンテストサイト

レオパレス21は、世界172ヵ国以上で約35万人のクリエイターが登録している世界最大の共創プラットフォームeYeKaとコラボレーションし、世界のトップクリエイター達と競い合うことの出来るコンテスト「第2回動画世界道場」を11月9日より開始した。

「第2回動画世界道場」では、若者が新しい部屋でひとり暮らしを始め、生活や気持ちが変化する様子をストーリー化した動画を募集。国内のみならず、eYeKaを通じて世界160ヵ国以上にもコンテストの告知を行い、参加を募っている。賞金総額は15,000ユーロ、応募作品は後日、レオパレス21公式サイトにて公開する予定。

3:MAICO WEEK京都の舞妓さんにフォーカスした、京都カルチャー発信型イベント(三越伊勢丹ホールディングス)

日本橋三越本店は、11月9日からの期間中、各階にて「京都」をクローズアップしたイベントを開催。本館7階では、第67回 京名物 洛趣展(会期:11月9日~14日)、本館1階中央ホールでは、世界的な庭師・北山安夫氏の監修による日本庭園を楽しめるイベントを開催(会期:11月9日~15日)。

本館2階スペース#2では、京都の舞妓さんにフォーカスした京都カルチャーを存分に楽しめる「MAICO WEEK」を開催。高みを目指して常に前を向き続ける現代の女性たちの象徴として、舞妓さんにフォーカス。伝統文化を守りながら、厳しい訓練に耐え、おもてなしと気遣いを忘れない舞妓さんたちの知られざるストーリーを伝えながら、美しさに妥協しない舞妓さんならではのアイテムをピックアップしている。

4:音楽を聴きながら家事をもっと楽しく!家事フェス「CleeeeaN」キャンペーン(ユニバーサル ミュージック/ライオン)

家事フェス「CleeeeaN」キャンペーンサイト

ユニバーサル ミュージックは、ライオンと「音楽を聴きながら家事をすること」を応援する「家事フェス」新企画、家事フェス「CleeeeaN」キャンペーンを11月18日より実施する。

ユニバーサル ミュージックとライオンは「音楽を聴きながら家事を楽しむこと」を家事フェスとして2015年より提案。第2弾となる今回は、ZEN MUSIC所属のGReeeeNがライオン食器用洗剤「CHARMY Magica」とコラボレーションし、憂鬱な家事No.1の食器洗い(ライオン調べ)を音楽で応援。家事フェス「CLeeeeaN」キャンペーンとして、GReeeeNが「家事フェス」のために書き下ろしたオリジナルのキャンペーンソング「eeeeveryday」と、食器洗いの手順(食器を洗う、すすぐ等)ごとに合った曲をGReeeeNナンバーから選曲したスペシャルDJミックス「CLeeeeaN KITCHEN MIX(キャンペーン限定)」を「CHARMY Magica」購入者限定で聴くことができるWEB限定のキャンペーンとなっている。

5:コンドーム装着のマナーを正しく、楽しく、ユニークに啓発!ラブ活presents「コンドーム大喜利」(ジェクス)

「コンドーム大喜利」キャンペーンサイト

ジェクスは、コンドームブランド「グラマラスバタフライ」のPRとして、コンドームを正しく使用し、男女が性と正しく向き合うことを啓発する活動「ラブ活」をテーマにさまざまな取り組みを行っている。

ジェクスは、ユーザー参加型キャンペーン「コンドーム大喜利」を実施。お題として出題されるコンドーム使用シーンが描かれたイラストの、吹き出し部分のコメントを自由に考えてTwitterで投稿するキャンペーンとなっている。これまで毎週月曜日に5週連続で新しいお題を発表。最終週となる11月7日~11月13日では、イラストの代わりにラブ活アンバサダーのぱいぱいでか美が登場。お題は、「ラブ活アンバサダーのぱいぱいでか美さんから、性に対して軽率な行動をとる男性たちへ愛のある喝!」となっている。


AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。