Case: Dot. The first Braille Smartwatch.

全世界で視覚障害を持つ人は約2億8500万人。しかし過去20年間に渡り、点字技術はほとんど進歩せず、彼らのほとんどが自由に本も読めない状況が続いています。

そんな中、韓国のスタートアップが開発した視覚障害者向けスマートウォッチ『dot』が、国際広告賞LIAのデザイン部門でグランプリを受賞しました。

『dot』は、スマートフォンとの連携が可能な世界初の“点字式”スマートウォッチ。スマートフォンに届く、アプリからのお知らせやメールは全て点字で読むことが可能です。

その側面には赤色の竜頭と2つのボタンが付いており、アラームやストップウォッチ、タイマーなど、様々な機能が実装されています。

非常に軽く耐久性のあるアルミニウム製で、バッテリーの持ち時間は1週間。

そして最も注目したいのが、その価格。高性能であるにも関わらず、出来るだけ多くの人が入手できるよう、1個290ドルと比較的にリーズナブルな価格が設定されています。

今年の終わり頃に、発売予定のこの“点字式”スマートウォッチ。現時点で既に6万人もの人が予約注文をしています。視覚障害者の生活を大きく変えるであろう、革新的なデザインプロダクトのご紹介でした。

(via dot