Case: BMW – The Moving Billboard

季節は間もなく冬。雪が降る地方では、車のタイヤを冬用に変えないと、ブレーキを踏んでから停止するまでの距離(停止距離)が長くなり非常に危険です。

そこで、BMWはベルギーで冬に夏用タイヤを使うことの危険性を実演しようと、あるユニークな屋外看板を作りました。

ブリュッセルの車道沿いに設置された看板。看板には、「冬の間、車はこの辺りまできてから停止するでしょう。」という文字が書かれています。

そして交差点の信号が赤に変わった瞬間、なんと看板が後ろ向きにゆっくりと動き始めます。

夏用タイヤのままだと、ブレーキをかけても車が進んでしまうということを、看板を動かすことで実演しているのです。

この『動く看板』には、ドライバーはもちろん、通行者もビックリ。「一体何だろう?」と車から目を凝らし、看板に注目します。

この看板に関する一連の様子をまとめたPR動画には、同社のストレートなメッセージも。

お近くのBMWのお店で、今すぐ冬用のタイヤを注文しよう。

“屋外看板による実演”というなんともユニークな方法で、人々に冬用タイヤの重要性を伝えた『動く看板』のご紹介でした。