Case: The Snowglobe

毎年心温まるクリスマスCMを製作することで知られる、イギリスの大手百貨店・John Lewis。今年はどんな素敵なコマーシャルが公開されるのだろう、と心待ちにしている人も多いそうです。

そんな期待感が高まる中、ひとりのイギリス人学生・Nick JablonkaさんがYouTubeに投稿した動画が話題になっています。

これは学校で映像制作を学んでいるNickさんが、John Lewisをクライアントと仮定して制作したクリスマスCMなのですが、あまりのクオリティの高さに、John Lewisによる本物のコマーシャルだと勘違いする人が続出したというのです。

CMの主人公は、スノードームの中に住む独りぼっちの雪だるま。ガラスの中で、大好きなガールフレンドを思い浮かべて日々を過ごしていますが、クリスマスが近づくにつれて、会いたさは募るばかり。

そして、とうとうクリスマスの日がやってきました。

外の世界に出ることはやはり叶いませんでしたが、それでも雪だるまは希望を捨てません。いつか彼女にまた出会えることを信じて。

物悲しくも温かいストーリーは、確かにJohn Lewisが手掛けてきたCMによく似た雰囲気です。雪だるまの切ない表情が胸を打つこの作品は、YouTubeで90万回近くも再生されるなど大きな注目を集め、作者のNickさんには大手PR会社から仕事のオファーが舞い込んだとのこと。

例年通りであれば、本家のJohn LewisからもそろそろTVコマーシャルが公開される時期。こちらも楽しみですね。

John Lewisの過去のクリスマスCMに関心のある方は下記記事もご覧ください。
[2015年版]孤独な老人と少女の心の触れ合いにホロリと泣ける…ジョン・ルイスの2015年XマスCM「Man on The Moon」
[2014年版]「夢見るほど恋い焦がれているものを贈ろう。」英デパート・John Lewisの2014年クリスマスCM
[2013年版]公開5日で500万再生突破! 英デパートの心温まるクリスマスCM
[2012年版]公開わずか1週間で150万再生突破!英百貨店の心温まるクリスマスCM