Case: 25m2 SYRIA

2011年に始まって以来、今なお続くシリアの紛争。ニュースを見てその悲惨な状況を気の毒に思っても、寄付をするなど、何か行動を起こすのはなかなか難しいものです。

そんな中、ノルウェーのIKEAがスレペンデンの店舗を活用し、大胆なプロジェクトを実施しました。

IKEAと言えば、消費者が部屋の雰囲気をリアルに実感できるよう、多数のモデルルームが設置されていることで有名。どの部屋もスタイリッシュで居心地がよさそうな『完璧な部屋』ばかり。

しかし、今回のプロジェクトでは、そんな素敵な店内に、シリアにある貧しくボロボロの家を再現したモデルルームを設置。

25㎡の空間を使って作られた『シリアの家』は、隣に展示されている『完璧な部屋』とは大違いです。

この『シリアの家』は、ルナというシリア人女性の家を元に再現されたもの。壁にかけられたポスターやタグには、食料不足や薬不足など、彼女の貧しい生活の様子が記されています。

そして注目すべきは、タグに添えられている『あなたが役に立てる方法』と書かれた赤いカード。

『シリアの家』を見て、「自分も何かしたい!」と感じたら、すぐにIKEAのお店で赤十字に寄付できるようになっているのです。

10月17日から10月31日の2週間に渡って展示された、この『シリアの家』。期間中、4万人の来場者の目に触れ、なんと2200万ユーロ(約25億円)の寄付金を集めることに成功。

難民支援を始め、社会貢献全般に積極的なIKEAは、これまでも斬新な方法で多額の寄付金集めに成功しており、今後の活動にも注目です。今回のプロジェクトについてまとめた動画もぜひご覧ください。

25m2 SYRIA from POL on Vimeo.