Case: Grim London

英ロンドンを拠点にするクリエイティブエージェンシー・Imperoが、ハロウィンに合わせて“背筋をゾクッとさせる”キャンペーンサイトを作りました。

グリム・ロンドン』と呼ばれるそのサイトに表示されるのは、怪しく霧がかかった不気味なロンドンの地図。

ロンドンには、「切り裂きジャック」を始めとし、恐ろしい事件や出来事が起きた歴史が多々あり、この地図を見れば、どのような事件がどこで起きたのか一目で分かるようになっています。

ロンドン市内であれば、住所検索も可能。通勤路や、家の近所など身近な場所で、過去に恐ろしい事件が起こっているかもしれません…。

事件が起きた場所には金色のマークが付けられており、気になるマークをクリックすると、事件の詳細が表示され、情報元となるサイトのURLも記述されています。

ロンドンっ子にとっては身近な場所で恐ろしい事件は起きていないか…と、ついつい気になってしまう『グリム・ロンドン』。ハロウィンにピッタリのデジタルキャンペーンでした。