Case: 人工知能少女育成プロジェクト CODE ZERO – PREMIERE

10月27日に発売される、PlayStation®4およびPlayStation®Vita用ソフトウェア『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-(SAO HR)』。

もとはオンライン小説として高い評価を得た本作は、2022年の世界を舞台に、一度『アインクラッド』と呼ばれる仮想空間に入り込むと、ゲームをクリアするまでログアウトすることができない、さらにゲーム内での死は現実世界でも本当に死亡する…という過酷なルールの中で闘い続ける主人公たちを描いたもの。

このデスゲームをクリアし、死の仮想現実世界を崩壊させた主人公の少年・キリトは、その4年後に新たに立ち上げられたゲーム『ソードアート・オリジン(通称SA:O)』の中で、少女の姿をした人口知能(AI)に出会います。

名前も設定も感情もなく、謎に包まれたAIは後にキリトたちによって『プレミア』と名付けられますが、本日はこの“キャラクターをWeb上でユーザーが育成し、人格を形成していく”というスピンオフ企画『人工知能少女育成プロジェクト CODE ZERO:PREMIERE』をご紹介。

10月17日より11月30日まで、期間限定で始動しているこのプロジェクトは、ユーザーがスマホ特設WebサイトにTwitterアカウントでログインすると、プレミアがユーザーの過去ツイートからコトバを吸収し、学習するというもの。

またプレミアと会話をすることで、感情のパラメーターが変化し、人格が形成されていきます。つまり良い子に育つか、悪い子に育つかはユーザー次第というわけです。

ゲームの世界に登場するキャラクターを自分たちの手で育てることで、プレイヤーの没入感を高めようという試み。プレミアは発売後のアップデート(※時期は未定)で、ゲームに登場する予定だということです。

以下は『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』のプロモーション動画です。ストーリーの壮大な世界観を感じられる映像になっていますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。