Case: Samuel goes to Conan

現在韓国観光公社が、韓国好きの人々に感謝の気持ちを込めて実施しているSNSを活用したプレゼントキャンペーン『Korea visits you!』。先日キャンペーンの一環として公開されたPR動画が、公開から2週間で再生回数200万回を突破するなど話題となっています。

動画のタイトルは、『サミュエル、コナンに会いに行く』。“タコ”のサミュエルが親友に会いにアメリカまで旅をするというストーリーで、親友はなんとアメリカの人気司会者、コナン・オブライエン。彼が韓国を訪れると、空港にファンが殺到する程の人気っぷりの人物です。

2人の出会いは、コナンが韓国で漁市場を訪れた時のこと。彼は一目でサミュエルが気に入り、彼をアメリカに連れて帰ることに。

「サミュエル」と名付けたのもその時で、コナンは新しい友達ができたことを嬉しそうに自身のインスタグラムでも報告しています。

しかし残念なことに、サミュエルは飛行機への搭乗許可が下りず、1人韓国に残ることに。水族館でそれなりに楽しく暮らしていましたが、やはりコナンのことを諦めきれません。

そんなサミュエルを助けてくれたのが、韓国観光公社。サミュエルをなんとか飛行機に乗せ、コナンが暮らすロサンゼルへと連れていってくれたのです。

最後はなんとコナンが司会を務めるトークショー「Conan」で奇跡の再会を果たし、ハッピーエンド。

テレビ出演まで果たし、今や人気者になったサミュエル。韓国観光公社のユーモアの溢れる行動で、大きな注目を集めることに成功したPR施策でした。