Case: Showroom

フランス発のファストファッションブランド・Kiabiが、秋冬コレクションの発売を記念した新作お披露目イベントを実施しました。

会場となったのは、国内3ヶ所のバス停。ベンチ横に設置されたパネルは一見普通のポスターが張られているように見えますが、実は前面がガラス張りの小さな部屋になっています。

この中にモデルが入り、Kiabiのアイテムを実際に着用してポーズをとるのです。

突然カーテンが開き、ガラスの向こうにモデルが登場すると、通りがかりの人は驚きながらも一緒に写真を撮るなど楽しんでいる様子。モデルも茶目っ気たっぷりにポージングします。

ちなみにこの“ショールーム”のディスプレイには“いいね!”マークがついており、気に入ったコレクションがあればタッチしてもらうという仕掛けもありました。

このイベントは9月14日より4日間限定で行われたということで、大勢の市民が行き交う場所で、注目を集めることに成功しました。