Case: The Comeback

ドイツのアウディが、現代に生きるティラノサウルス(T-rex)を主人公にした新CM『The Comeback』を公開しました。この映像はYouTube公開後10日あまりで200万回以上も視聴されています。

生態系の頂点に君臨し、最も恐ろしい恐竜と言われたT-rex。外を歩けば人々は恐れおののき、まるで王様のように振る舞っていました。

…あの日までは。

腕が短いせいでベッドメイキングが上手くできず、ぶざまに転んでしまった動画がYouTubeにアップされ、世界中の人に恥ずかしい姿を見られてしまったのです。

かつての王者は、今や全世界の笑いもの。友人たちは気晴らしに運動をするよう勧めてくれますが、それもやはりうまくいかず、T-rexは家に引きこもるように。

そんなある日、たまたま街で見かけたアウディの車に、彼の目は釘付けになりました。

腕が短くても、ドライバーに変わって自動でアクセル、ブレーキ、ステアリングを制御してくれるパイロットドライブを搭載した、まさに夢のような車。「魔法みたいだ。」そう話すT-rexの瞳は輝き、再び自信を取り戻すことができたのでした。

自動運転技術を、恐竜の視点を通して描くというユニークなCM。コミカルながらも哀愁漂うT-rexのストーリー、ぜひご覧ください。