Case: Fun Finder

世界6大陸に4,400軒以上のホテルやリゾートを展開するホテルチェーン・ヒルトンが、宿泊客に各種イベントやお得な情報を発信するアプリ『Fun Finder』をリリースしました。

これは同ホテルが提供する会員サービス・ヒルトンHオナーズのメンバーが対象で、Wi-Fi、GPS、Beaconテクノロジー(施設内での位置情報を追跡する機能)を利用し、また予約時に登録した性別や年齢、家族構成などを参考に、その顧客に最適なメッセージをスマホに届けるというもの。

例えばスパのすぐ近くにいる人には、そのスパからのクーポンが送られたり、小さな子供連れのファミリーにはキッズ向けアクティビティの紹介をするなど、ユーザー毎にカスタマイズした情報を教えてくれるのです。

また、プールやレストランなどの施設へのナビゲーションもしてくれるので、大きなホテルの中で迷子になってしまった、なんてこともありません。

気の利いたサービスを最適なタイミングでオファーすることにより、顧客のニーズに先回りして対応することができ、ホテルでの滞在をより素晴らしいものにしようという取り組み。

現時点ではヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート、そしてテキサス州にあるヒルトン・アナトールにて実施中ですが、今後は他のホテルにも順次拡大していく予定だといいます。

(via Hilton)