Case: Mission Impeccable

ロンドン発祥のグローバルブランド・テッドベーカーが、ショートフィルムを公開。映画のように手の込んだ映像と、映像内に込みこまれたショッピング機能が話題となっているのでご紹介。

タイトルは『Mission Impeccable(完璧な任務)』。イギリスの人気映画監督のガイ・リッチー氏が監督を務めています。

物語は、本部司令官のテッドが4人のエージェントにある任務を依頼するシーンから始まります。

テッドが説明するところによると、ザ・ニードルと言う男が数日前にTED本部に侵入し、服地を盗んで逃走。オークションを開いて盗んだ服地を高値で売ろうと企んでいる模様です。

今回のミッションは、オークションを中止し、ザ・ニードルの身柄を速やかに確保すること。

ロンドン郊外で開かれたオークションには、ファッション業界のリーダーたちが集められています。

パート1となる今回の映像では、エージェントたちがオークションを止めるために奮闘。最後は、ザ・ニードルがエージェントの1人を人質に取って逃亡するというハラハラするシーンでパート2へと続きます。

今回の映像を同ブランドのホームページで見ると、映像内の服やバッグの上にターゲットマークが点滅。マークをクリックするだけで商品をショッピングカートに入れられる仕組みになっています。

また映像の公開に合わせて、ロンドンの店頭では、ファッションブランドとしては初のGoogle音声検索機能とのコラボキャンペーンを実施。

InstagramやFacebook、TwitterなどのSNS上でも、クイズ形式のキャンペーンを行っています。

消費者をワクワクさせる映像を活用し、オンラインと店頭、両方での購買促進に繋げるというコンセプトのデジタル施策のご紹介でした。