Case: KENZO World – The new fragrance

パリに拠点を置く世界的ファッションブランド・KENZO(ケンゾー)が展開する新フレグランス「KENZO World」のWeb動画が先日公開されました。

これまでの香水のプロモーション映像からは一線を画す、斬新な世界観が注目を集めています。

今回の動画の監督を務めたのは、『マルコビッチの穴』で一躍有名となったスパイク・ジョーンズ。

主役には、女優兼ダンサーのマーガレット・クォーリー、振り付けにはライアン・ヘフィントンが起用されています。

映像は、緑のドレスを身に纏ったマーガレットが、堅苦しくて退屈な授賞式典を抜け出すシーンから始まります。

ロビーに出てきた彼女は、一気に気持ちを開放。突然ダイナミックなダンスを踊り始めるのです。

今回のロケ地には、ロサンゼルス・オペラの本拠地としても有名な「ドロシー・チャンドラー・パビリオン」が使われていますが、その中を縦横無尽に

全身を大きく動かして踊りながら、建物の中を移動していくマーガレット。

指からレーザーを発射したり、銅像と絡み合ったり、オペラのステージでダンスをするなど、クレイジーで迫力満点なシーンが続きます。

そしてクライマックスは、「KENZO World」のアイコンモチーフでもある“目”が登場するシーン。

マーガレットは果敢にも“目”の中に飛び込み、“目”を突き破った所で映像はフィナーレを迎えます。

サム・スピーゲルとエイプ・ドラムスのハイテンポな楽曲「Mutant Brain」に合わせて、約3分間マーガレットがある種奇行とも言えるような常軌を逸したダンスを繰り広げるというストーリー。これまでの香水のCMの常識を覆すかのような衝撃的なプロモーションムービーでした。