Case: FX Star

イギリスのテレビ番組『The X Factor』をご存知でしょうか。2004年の放送開始以来、高視聴率をキープしているリアリティ・オーディション番組で、世界的なアーティストのワンダイレクションやレオナ・ルイスを輩出しています。

このThe X Factorのスポンサーを務める通信会社・TalkTalkが、ユニークなキャンペーンを実施中。

これは同社がリリースしたアプリ・FX Starを使って、番組の視聴者に自分だけのミュージックビデオを作ってもらい、投稿してもらうという企画で、毎週ごとに最優秀作品を選出し、選ばれた動画は番組の合間のCMで流れるのです。

アプリには5種類のフィルターと人気アーティストによる4つの楽曲が収められており、自分の好きな組み合わせで使うことができます。選んだ曲に合わせて歌う様子をスマホで撮影し、フィルターをかければオリジナルMVの出来上がり。

フィルターはリンゴやアメコミ風の顔など、どれもユニークなものばかり。TalkTalkのHPには、工夫を凝らした力作が続々と寄せられています。


“オーディションに参加するほどの歌唱力がなくとも、上手くいけば全国デビューが叶うかもしれませんよ”というコンテスト企画。各種SNSで共有することもできるので、仲間内でも盛り上がりそうですね。