Case: ‪Surface Pro 4 is the one for me‬

マイクロソフトの人気タブレット型PC「Surface Pro 4」の新CMが公開されました。

今回のCMは、 ライバル企業・アップル社の薄型ノートPC「MacBook Air」との比較CM。「MacBook Air」を批判するその挑発的な内容が話題になっています。

台の上に並べられた2台のPC。 女性が2つのPCを交互に見比べています。

そこへ、軽快な歌を歌いながら男性が登場。

一見軽やかで楽しそうなメロディーですが、よくよく聞いてみるとその内容は「MacBook Air」を批判したかなり毒舌なもの。

男性は、「Surface Pro 4」の良い点と「MacBook Air」の悪い点をリズムに合わせて歌います。
例えばこんな内容。

「Surface Pro 4は、キーボードの取り外し可能で、ペンを使って思いのままにディスプレイに書き込める。でもMacBook Airにはそんな機能はまるでなし。“猫にとっての帽子”みたいに役立たず。」

かなり強引な内容でも、リズムに乗せて歌えばへっちゃらという様子。

「Surface Pro 4は、美しいディスプレイにタッチするだけで簡単に拡大可能。でもMacBook Airにはそんな機能はまるでなし。動作も遅いし、重いし、形もちょっと角々しすぎ。」

「Surface Pro 4は折りたためるし、“Hello”と言えば起動する。そして空気よりも軽いんだ。2つのPCを比較してみると、Surface Pro 4こそ、僕が求めていたPCなのは明確だ。」

軽快なメロディーに乗せて、ライバルへの挑発的な内容をおかまいなしに盛り込んだマイクロソフトの新CMでした。