Case: A kitchen lived in| Perception vs reality

キッチンインテリアのデザインと小売を営むイギリスの会社・Wren Kitchens。同社が人気ママ(パパ)ブロガー5名を活用し、“キッチンの真の役割”を伝えるユニークな企画を実施したのでご紹介。

企画のコンセプトは『キッチンに潜む“見た目”と“現実”のギャップ』。一見完璧に見える人気ママブロガーたちのリアルなキッチン事情を明かすという趣旨です。

例えばこの写真。人気ブログ『Bridie By The Sea』のママブロガーがインスタグラムに投稿したマフィンの写真はとってもお洒落。

しかし写真に写っていない所では、実は子供が泣き叫びキッチンも散らかり放題です。

また『Californian Mum in London』のママブロガーは、素敵な写真以外はシェアしないと話します。実際にSNSでシェアしたパンケーキの写真は、汚れたテーブルが写らないように撮影しています。

小さい子供がいるママブロガーの写真は、現実の一部しか写していないことがほとんど。

また5歳と3歳の男の子の母親である、『They Grow So Quick』のママブロガーはこう話します。

「子供と一緒に料理をしたことがあれば分かると思うけど、キッチンなんて汚れて当たり前。SNSに料理の写真を投稿する時には、素敵な部分だけトリミングすればいいのよ。」

そして2歳の男の子を持つ『Budding smiles』のママブロガーは、綺麗な料理の写真のみ投稿。

子供と一緒に作った料理の見た目がイマイチなら、料理の作り直しだってするほどです。

そして今回唯一の男性、『Working Family Food』のパパブロガーは、SNSに投稿する写真についてこう話します。

「料理を作ったら色んな角度から写真を撮って、美味しそうに見える写真をSNSに投稿しているよ。散らかった部屋が写っている写真よりも、素敵な料理の写真の方が“いいね!”も付きやすいしね。」

みんなが憧れる人気ブロガーの投稿写真は、実は現実のほんの一部に過ぎないということを伝えた今回の企画。

“キッチンは安心して子供たちと料理を楽しめる場所であるべき”ということを伝える、人気ブロガーを活用したPR施策のご紹介でした。

(via Wren Kitchens)