Case: Find me

ペルーのリマで実施されたスマートなオンライン施策をご紹介。クライアントはNaturaltreatという名のペットフードブランド。

ペルーでは、毎日100匹以上のペットが迷子になっていました。そこで同ブランドは、迷子になったペットの捜索を呼びかける広告を意外な場所に掲出したのです。

それはなんとウェブブラウザのエラーページでした。

URLをミスタイプした時などに表示される“Could not find this website”というページ。これを、“Toby could not be found”といったように「(ここでは‘Toby’という名前の)ワンちゃんが見つかっていません」というメッセージに置き換えたのです。エラーページを、ひとつのメディアと捉えた視点が非常にユニーク。

これをランダムに出すのではなく、ユーザーのIPアドレスから場所を特定。そのエリアで迷子になったペットの情報をそれぞれ出し分けることで、発見の可能性をよりあげることができる仕組みになっています。

よくある「ペット迷子の張り紙」を大きくアップデートした、ペットブランドならではのデジタル施策でした。

(via Ads Of The World)