Case: The Village-Phone promotion

スイスの南東部に位置するグラウビュンデン地方の小さな村・トシュリン。「アルプスの少女ハイジ」の舞台としても知られるこの地方は、大自然に囲まれ、非常に静かでのどかなことで有名です。

あまりに静かで、村の中心にある公衆電話の呼び鈴がトシュリンの全人口166人に聞こえるほど。

グラウビュンデン観光局はこの“静かさ”に着目。
トシュリンの静寂をフックにして同地をPRするために、「The Village-Phone promotion(電話が鳴ったら猛ダッシュキャンペーン)」を実施し、様々なメディアに取り上げられ、大きな話題になりました。

キャンペーン内容はシンプル。参加者がやることは、ただトシュリンの村の中心にある公衆電話に電話をかけること。

もしも村の住民が誰も電話に出られなければ、参加者の勝ち。この村に招待してもらえるか、何か特別なプレゼントが貰えます。

キャンペーン期間は6日間。電話の呼び鈴が聞こえた途端、村人たちは仕事を途中でほっぽり出して、猛ダッシュで電話に向かいます。

但し、住民が電話に出たら参加者の負け。
プレゼントは貰えませんが、住民との会話を楽しめます。相手の顔は特設サイト上で見ることもでき、会話を通してトシュリンへ行ってみたい気持ちが増す人も。

同キャンペーンは多くのメディアでパブリシティを獲得し、瞬く間に話題に。キャンペーン期間の6日間で、3万件を超える電話、そして3,900件を超える会話が成立しました。

また特設サイトのPVは150万を超え、メディアを通し230万以上の人々との接触に成功。

プレゼントを貰えなかった参加者も、住民と話ができて喜ぶ人が多かった今回のキャンペーン。この村ならではの“ユニークさ”と“温かさ”が詰まった観光PR施策のご紹介でした。