Case: Wood, Jeans, Cucumber

ブラジルのサンパウロで実施されたシリーズプリント広告をご紹介。クライアントは日本でも知らない人はいない「バンドエイド」。

“怪我をしてもバンドエイドがあれば大丈夫”という単純明快なメッセージを訴求するためにつくられた非常にシンプルな表現です。そのクリエイティブがこちら。

[木篇]

[ジーンズ篇]

[きゅうり篇]

まさに今、手を切ってしまいそうな瞬間を切り取りました。

指を切りそうだけど、実はどれも“手が今切っている食材や素材”になっています。これにより「バンドエイドがあるから、切っても大丈夫、痛くない!」ということをメッセージしています。実際には絶対に痛いんですけどね…
メッセージからビジュアル表現への転換が面白いプリント広告事例でした。

(via adeevee)