Case: Ghost Driver

ルクセンブルクで実施されたなんともホラーなプリント広告をご紹介。広告主は、Sécurité Routière Luxembourgという交通安全啓発団体。

“スピードの出し過ぎ運転の恐ろしさ”を訴えるために、ちょっと恐ろしいクリエイティブを生み出しました。

事故にあって顔の皮が剥がれてしまったような女性が、クルマを運転している、非常に痛々しいビジュアル。思わず目を奪われてしまいます。
コピーは以下の通り。

Too fast, end fast.
(飛ばし過ぎは、早く死ぬ。)

スピード運転が事故に繋がること、事故の怖さを、ストレートに恐怖訴求で描いたプリント広告でした。

(via Ads Of The World)