Case: Pokémon no go

デンマークのコペンハーゲンで実施されたアウトドア広告をご紹介。
クライアントは、AIAIAIという名のヘッドホン代理店。

広告タイトルは“Pokemon no go”。現在世界中でブームを巻き起こしているポケモンGOをタイムリーに企画に取り入れて制作されたクリエイティブです。そのビジュアルがこちら。

現在ポケモンの総数が700匹以上いること(スマホ版ではなくゲーム版の数字)と、AIAIAIが取り扱っている700種類以上ものヘッドフォンをうまく掛け合わせ、モーメントをとらえたコピーを制作しました。そのコピーは以下の通り。

We don’t have any of the 729 Pokemon here in our store.But what about catching one of our 756 different headphones.
(当店では729匹のポケモンのうち1匹も取り扱いがありません。
ですが、756種類ものヘッドフォンからひとつを選ぶのはいかがですか?)

表現自体がものすごく突出していなくても、アイデアに時節ネタを巧く取り込むことで、現代風の広告に仕上げたアウトドア事例でした。ソーシャルやデジタルまわりの広告としても効いてきそうですね。

(via Ads Of The World)