Case: Sundae

ポルトガルのリスボンで実施されたシリーズプリント広告をご紹介。クライアントはいつもそのユニークな広告で楽しませてくれるマクドナルド。

今回は夏の時期に合わせてスイーツのブランド広告を制作しました。
そのクリエイティブがこちらです。

[マックフルーリー篇]

[パフェ篇]

[サンデー篇]

アイスキャンディやアイスクリームの柄の服を着た人々が、マクドナルドのスイーツを食べようとしている瞬間を描写。

その中で、それぞれの“スイーツ柄のキャラクターの視線”がすべてパフェやサンデーに集まっているというビジュアル。これにより「スイーツまでもがうらやむスイーツ」というメッセージを開発しました。

あえてコピーを入れることなく、そのおいしそうなシズルで勝負した、“今すぐマクドナルドを食べたくなる気持ちを刺激する”プリント広告でした。

(via Ads Of The World)