Case: Bus stop roller coaster

スペインで実施されたアンビエント広告をご紹介。クライアントは、ポートアベンチュラ・パークというスペインにあるアミューズメントパーク。

遊園地の目玉であるジェットコースターを、日常のある場所にもってくることにより、市民にブランドを想起させるモーメントを作り上げました。そのビジュアルがこちらです。

バス停の壁(ボード)をメディアとして、その場を一回転するジェットコースターへと変えたのです。
壁(ボード)にジェットコースターの絵をプリントし、セーフティーガードをつけるだけで、バス停がジェットコースターへと早変わりしました。

日常誰もが使用して目にする場所を、ほんのすこしのツイストで“非日常”へと昇華させたアンビエント広告でした。

(via Ads Of The World)