Case: Helmet

ヨルダンのアンマンで実施されたシリーズプリント広告をご紹介。広告主はJordan Insurance Companyという名の保険会社。

増加するバイクでの死亡事故に警鐘をならすために、非常に明快なメッセージの啓蒙広告を制作しました。そのクリエイティブがこちらです。

[男性篇1]

[女性篇]

[男性篇2]

ヘルメットをかぶった3人の姿を描いたのですが、そのヘルメットの表面がなんと彼らの頭をそのまま大きくしたようなもの。これにより、「バックルを開けたままでは、まったく頭を守れない」ということを訴求しました。

An open buckle helmet isn’t a helmet.
(オープンバックルヘルメットは、ヘルメットとは呼べません。)

ヘルメットをかぶっているのにかぶっていない状態を、あたまがそのままヘルメットになっているというユーモラスな表現で描いたインパクトフルなプリント広告でした。

(via Ads Of The World)