Case: Fighting pose

デンタルフロスブランドのコルゲートが、中米パナマで実施したプリント広告をご紹介。

デンタルフロスの役割を、ユニークかつ力強いクリエイティブで表現したケースです。全2種類。

[女性篇]

[男性篇]

入浴後に鏡の前でファイティングポーズをとっている男女。彼らの手元と口元をよく見ると、そこにはデンタルフロスがあります。

コピーは、“Fight plaque”(歯垢[プラーク]と戦おう)。

就寝前や起床後にデンタルフロスで“プラークを除去すること”を、“プラークと戦うという話”に置き換え、それを端的にコミュニケートするために、「ファイティングポーズを取りながら、デンタルフロスを使用しているビジュアル」を採用しているようです。

このクリエイティブを通じて、プラークが一筋縄ではいかない“タフな敵であること”、“だからこそコルゲートのデンタルフロスを使いましょうよ”というメッセージをシャープに表現しているように思います。

(via Ads Of The World)