Case: Wheels up

ユニークなプロモーションに定評のあるアメリカのLCC・Virgin America(ヴァージン・アメリカ)による、最新キャンペーンです。

今回同社が注目したのは、投稿した写真や動画を一定時間後に消滅させることができるSNSアプリ『Snapchat』。現在ユーザー数を急速に伸ばしているSnapchatには、ジオフィルターという特定の場所でのみ適用できるフィルターがあり、この機能を活用したのが本施策。

ロサンゼルス国際空港をはじめ、NY、サンフランシスコ、シアトル、デンバーの各空港にそれぞれジオフィルターを用意して、これから旅立とうとする搭乗客のセルフィーに使ってもらおうというのです。

フィルターは飛行機の窓がフレームになっているデザイン。『今から旅行に行ってきまーす!』といった、楽しい雰囲気が伝わってきますね。

相当乘り慣れている人でもない限り、飛行機に乗るのは何だかワクワクするものですし、セルフィーを撮る人も多いはず。そんな搭乗客のインサイトに着目し、旅行体験をさらに楽しいものにしようという、サービス精神たっぷりのVirgin Americaらしい施策でした。

(via Virgin America blog)