Case: SCARY SUMMER #パリピになるほど #狙われる

いよいよ夏本番!ビーチにキャンプ、花火など、この時期ならではのアウトドアレジャーを楽しむ機会が増えてきますね。しかしそんな時こそ気を付けたいのが、蚊に対する対策。

蚊は近年話題となったジカ熱をはじめ、日本脳炎、デング熱などの病原体を媒介し、時には重篤な症状を引き起こすことで知られていますが、多くの場合は感染しても対症療法が中心となるため、まずは蚊に刺されないようにすることが重要です。

そこで虫除け剤の『スキンガード』で有名な化学メーカー・ジョンソンが、夏の野外イベントでの危険に対する警鐘を鳴らす動画「SCARY SUMMER #パリピになるほど #狙われる」を公開しました。

※タイトルの“パリピ”とは、パーティピープル(=お酒を飲んで、パーティーやイベントをノリよく楽しむ人)のこと。

野外でバーベキューを楽しむ若者たち。お酒も入り、女性たちは開放的なファッションでかなり盛り上がっています。

ところが楽しい雰囲気もつかの間、画面奥の方に見える、何やら黒い物体。

それはなんとテントを吹き飛ばすほどの、巨大な“蚊”。辺りは騒然となり、人々は逃げ惑います。

これはヤバい…パリピ達がそう思った瞬間、無数の蚊が飛び立ち…(衝撃の結末は、ぜひ映像でご覧ください)

動画の最後は以下のメッセージで締めくくられます。

#パリピになるほど
#狙われる
蚊は、アルコールや運動で体温や呼気CO2が上昇するほど寄ってきます。

夏のレジャーには、ぜひスキンガードを忘れずに!と訴えかける、インパクト抜群のプロモーション動画でした。