Case: The Daily Catch‬

ヨーロッパ最大の鮮魚小売店・METRO。地域の漁師の方々との直接経路を持っており、いつもお店に新鮮な魚を届けています。

そこで同社は鮮度の良さを証明するため、魚のラッピングを工夫した「今日釣った魚を明日お届け!(THE DAILY CATCH)」プロジェクトを実施。2016年カンヌライオンズのダイレクト部門で見事シルバーを受賞したケースです。

ラッピングに使われたのは、ごく普通の“日刊新聞”。昔から魚のラッピングに使われてきた新聞紙は、日付の証明にもなるという点に着目しました。

流れは簡単。まず協力を依頼した各地の漁師の方々に、その日に採れた魚と一緒にその日の新聞を送ってもらいます。

届いた魚と新聞はヨーロッパ各地にあるメトロのお店へ。

そしてお店で魚を売る際は、一緒に送られてきた新聞紙で魚をラッピング。

“魚を釣った日”の証明となる新聞紙の日付を、特別なステッカーを貼って目立たせます。こうすることで、お客さんも一目で新鮮な魚だということが分かるのです。

新聞を使ったシンプルな方法でありながら、確実に新鮮さが伝わる特別なラッピング。なかなか伝えることの難しい鮮度の良さを見事に証明してみせたDM施策のご紹介でした。