Case: Twitter

アメリカで実施されたプリント広告をご紹介。クライアントはTwitter。
ことばが中心となるメディアだからこそ、そこには多くの人種差別的発言や投稿が見受けられます。この問題に対する注意を呼びかけるために製作されたビジュアルがこちらです。

ヒトラーを思わせる髪型が、“注意・警告を喚起する”かのような全面黄色の壁に描かれ、そしてヒゲの部分がTwitterのロゴになっているビジュアル。コピーは以下の通りです。

AN ACCIDENTAL RACIST IS STILL A RACIST. #THINKBEFOREYOUTWEET
(偶然の人種差別的発言だとしても、それは人種差別になります。つぶやく前に考えよう)

ヒトラーを引き合いに出すことで、シンプルなビジュアル要素だけで人種差別に言及した啓蒙広告でした。

(via Ads Of The World)