Case: KFC Watt A Box

外出中にスマートフォンの電池が切れて困ったことはありませんか?
そんな悩みを解決しようと、ケンタッキー・フライド・チキンが、インドで特別なセットメニュー「Watt a Box」を作りました。

その解決方法は非常に斬新。商品が入っているボックスにスマートフォン充電用のバッテリーを付けてしまおうというもの。KFCの人気セット「5-in-1 meal box」が対象商品として使われました。

「Watt a Box」にはマイクロUSBケーブルも付属でついてきます。

ボックスの右端に付けられたバッテリーにこのケーブルを差し込むと充電開始。iPhone、Android端末でもどちらでも充電可能です。

「Watt a Box」さえあれば、友達や恋人とのやり取り中に突然電池が切れてしまっても、落ち着いて食事を楽しみながらスマホを充電することができるのです。

そして、このバッテリーはなんと取り外しも可能。いつでも持ち運びできる便利グッズです。インドのデリーとムンバイにあるいくつかの店舗で行われるコンテストの勝者だけが手に入れられる限定商品で、コンテストはFacebookページ上でも開催される予定です。同社によると、今のところ「Watt a Box」の一般販売は行わないとのこと。

話題作りが巧みなケンタッキー・フライド・チキンならではの“あったらいいな!?”を具現化する、斬新なキャンペーンでした。