Case: Pop-up gyms

健康志向の人が増えていることを受け、ここ数年世界各地の公園やビーチなど様々な場所に、沢山の屋外ジムが作られています。

そんな中大手スポーツ用品ブランド・リーボックは、コロンビアのボゴタとカリにある計6つのバス停を期間限定で屋外ジムに変身させました。

バスの待ち時間を有効活用してトレーニングができるようにと、フィットネスの器具が備え付けられた、このポップアップ・ジム。

スーツ姿のサラリーマンやランニング中と思われる人など、大勢の人がトレーニングをしています。

時間帯によっては、専属トレーナーがトレーニングを手伝ってくれます。

“The Gym is Everywhere”キャンペーンの一環として行われた、今回のポップアップ・ジム。流行りの体験型マーケティングを取り入れ、「やろうと思えば、どこでもトレーニングできる。」というキャンペーン名をうまく具現化した屋外広告のご紹介でした。