Case: Colgate

ブラジルで実施されたとってもカラフルでポップなシリーズプリント広告をご紹介。
クライアントはColgate。海外では非常に有名な歯磨き粉ブランドです。同社の商品「Colgate SENSITIVE(=知覚過敏用ライン)」をコミュニケーションするために制作されたクリエイティブがこちら。

[アイスクリーム篇]

[パイナップル篇]

[りんご篇]

芽をつぶってアイスやパイナップルやりんごなど、歯にしみそうなものをたべる子どもたち。そして、食べ物のほうにも同じように、つぶられた目が描かれています。そして隠された口の部分にコピーが。

WHO BITES WHO?
(どっちがどっちをかじるのか?)

知覚過敏の痛みを「食べ物にかじられる」というように解釈し、どっちがかじっているのかわからなくするため口の部分を隠し、そこにコピーを載せるという表現に落とし込みました。

「知覚過敏」をうまく読み替えることで非常にユーモラスなクリエイティブに昇華したプリント広告でした。

(via Ads Of The World)