Case: Parallesls

人気インスタグラマーらがパリの美術館にある数々の有名なアート作品をリメイクした作品を展示する「リメイク展(Parallesls)」が、今フランスのパリで注目を集めています。

パリのサン・ラザール駅で現在開催されている「リメイク展」は、パリ美術協会・Paris Musées institutionが先日オープンしたサイトのPRがその目的。

このサイトでは、パリの14の美術館にあるアート作品を自由に閲覧できるようになっています。

展示作品は、写真家・ブロガー・お笑い系動画職人を含む、人気インスタグラマーに、「目の前にある作品を“リメイク”してください。」と依頼して出来上がったもの。
何世紀も昔の作品の魅力を受け継いだ素晴らしい作品ばかりです。

そのうちいくつかの作品をご紹介します。
インスタグラマー: @audrey.pirault
リメイク元:コニャック・ジェイ美術館にある François Boucher(1703-1770)の作品

インスタグラマー: @aaram_anis
リメイク元:ロマン主義博物館にあるAry Scheffer (1795-1858)の作品

インスタグラマー: @avner_peres
リメイク元:バルザック記念館にあるLouis Antoine Léon Riesener (1808-1878)の作品

インスタグラマー: @valentinerie
リメイク元:ブールデル美術館にあるAntoine Bourdelle (1861-1929)の作品

インスタグラマー: @miss_etc
リメイク元:プティ・パレにあるGeorges Clairin (1843-1919)の作品

作品はサン・ラザール駅構内にて7月31日まで展示される予定。
影響力が大きく、かつ企画内容にぴったりの人気インスタグラマーを活用することで、話題化に成功したPR施策のご紹介でした。

(via Paris Musees , Dropbox , The Local fr)