Case: Sunslide

南アフリカは世界で最も皮膚がんになる人の割合が高い国。日差しの強い海では特に、紫外線から肌を守るため、日焼け止めを塗ることが非常に重要です。

しかし子どもは日焼け止めを塗られるのが大嫌い。早く泳ぎたくてうずうずしている子どもたちに日焼け止めを塗るのは大変なことです。

そこでニベアが作った、日焼け止めを塗るのが楽しくてたまらなくなるユニークなウォータースライダー・NIVEA SunSlide をご紹介します。

一見すると、どこにでもありそうなこのスライダー。
実はオレンジ色のトンネルにスプレーが付いており、そこから日焼け止めが噴射されます。

子どもたちはただスライダーで遊ぶだけで、身体中に日焼け止めが塗られるという仕組みです。

スプレーには1日あたり50リットルものNIVEAの日焼け止めが使われています。

1時間あたりにこのスライダーで遊んだ子どもはなんと100人。飽きてしまった子はもちろん0人。視点を変えた方法で子どもたちの心を掴んだアイデア勝負の屋外キャンペーンのご紹介でした。

NIVEA SUNSLIDE from FCB Cape Town on Vimeo.