Case: Test drive for good

ブラジルのサンパウロで実施されたアンビエント広告をご紹介。

サンパウロにはたくさんの公園がありますが、その多くは全く整備されておらず、雑草も放置され伸び放題になっていました。

そこで、芝刈り機ブランドのTramontinaは、同ブランドの芝刈り機を使ってこの問題を解決しました。

そのアイデアはいたってシンプル。芝刈り機を公園に置き、そこで生活者(市民)に乗ってもらうというものでした。

その名も「社会のための試乗」。

草が伸びきった公園で同ブランドの芝刈り機の「試乗イベント」を実施。試乗することが、そのまま公園を整備することになる、まさしく社会のための試乗会を実現しました。

このイベントには数百人もの人が参加し、3トン以上の伸びきった草が刈られたそう。芝刈り機が必要じゃない人も思わず乗ってみたくなるような、新しいイベントアイデアでした。

JWT [Tramontina] Test Drive for Good from J.Walter Thompson Brasil on Vimeo.