Case: Birthday

チリで実施されたちょっとブラックなプリント広告をご紹介。
Easy Cakeという名の、その名の通り“わずか5分でとっても簡単に作れてしまうケーキ”をストーリーに乗せて訴求しました。そのビジュアルがこちらです。

今にも亡くなってしまいそうなおじいちゃん。ベッドの周りには医者やナースが。

差し出しているケーキに108という数字が刺さっていることから、「予期せず108歳の誕生日を迎えてしまった…今にも亡くなりそうになっていたおじいちゃん」というストーリーがわかります。

コピーは…

Birthday cake for unexpected birthdays.
予期せぬ誕生日のための誕生日ケーキ。

「予期せぬ誕生日」というアイデアを拡大解釈してありえない誕生日を描くことで、「簡単に作れるケーキ」をシンプルに表現したプリント広告でした。

(via Ads Of The World)