Case: KFC

オーストラリアで実施されたシリーズプリント広告をご紹介。
クライアントは日本でもおなじみのKFC。海外ではその個性的な広告でも有名です。

同ブランドが新発売のスパイシーな魚のバーガー「Zinger Fish Fillet」をコミュニケーションすべく、こんなクリエイティブを製作しました。全3種類。

[ペンギン篇]

[オットセイ篇]

[ペリカン篇]

スパイシーな魚のバーガーを食べたせいで涙を流したり湯気が出てしまっている、“魚を主食とする動物”を描きました。
右下を見ると商品そのものがコピーとして機能しています。

Zinger Fish Fillet
(刺激的スパイシーな味のフィッシュフィレバーガー)

商品を置かないことで、どんなバーガーなんだろうと商品を想像させる見る人に考える余白を与えるプリントクリエイティブでした。

(via Ads Of The World)