Case: Helpmet

世界で2番目にバイクでの交通事故が多いと言われる、タイ。調査によると、同国の交通死亡事故件数のうち、なんと約8割がバイクに関連したものだといいます。

二輪車による死亡事故のほとんどは、ドライバーが頭部に重大な損傷を負うことが原因。そこで人々の健康増進のために様々な活動を行う同国の政府機関・Thai Health Promotion Foundation(ThaiHealth)は、運転手の命を守る画期的なヘルメット・Helpmetを開発しました。

このヘルメットの特徴は、衝撃の強さを測定するセンサーとGPSが内蔵されている点。一般的に、人間は頭部に95g以上の衝撃を受けると意識を失う可能性が高く、事故時にセンサーがこれ以上の衝撃を受けたと判断すると、気を失ったドライバーの代わりに救急病院にSMSメールを送ります。

メールには、事故現場の位置情報、そして運転手があらかじめWEB登録しておいた個人情報(名前、年齢、血液型、診療記録など)が記されているので、救急隊員が到着した際に迅速に対応することが可能。

この仕組みは、ドライバーが自ら助けを呼ぶことができない場合を想定したものであるため、特にあまり人通りのない農村部で事故が発生した場合に真価を発揮します。

負傷者の発見が遅れたために、手遅れになるという事態を防ぐ画期的な取り組みとして、タイ国内で大きな注目を集めているようです。