Case: Otrivin marathon

インドのニューデリーで実施された、点鼻薬ブランド「Otribin」のアンビエント広告をご紹介。

ニューデリーは世界でも有数の空気汚染が進んでいる地域。この場所で行われた同ブランドがスポンサードしたマラソン大会で、ランナーたちの呼吸を助けるべく、ある装置を導入しました。

それがこの、大砲のような装置。

ミスト状の水を噴射することで…

空気中に存在する汚染物質を捕まえて…

ランナーたちが呼吸しやすい状態を作りました。

「呼吸を助けるブランド」というようにブランドの存在意義を拡大解釈し、人が一番呼吸するであろうマラソン大会というイベントにコミュニケーションの機会を見出したすばらしいアンビエント広告でした。