Case: Surface Pro 4 Real Time Posture Scanner

様々な携帯端末が普及した今、日々カバンの中にありとあらゆる携帯端末を入れて持ち運んでいる人も多いのではないでしょうか。一つ一つは小型であっても、総重量はかなりのもの。荷物が重くて腰が痛い人もいますよね。

そこに着目したマイクロソフトは、ノートPCとタブレット機能を兼ね備えた『Surface Pro 4』が非常に軽量であり、体への負担を軽減することができることを訴求するために、スウェーデンのストックホルムのビジネス街に“リアルタイムで姿勢をスキャンする”ボードを設置しました。

スウェーデンでは、4人に1人が“荷物を持ちすぎている”といい、その多くは腰痛や首痛等の症状を訴えています。あらゆる端末が携帯できるようになり便利になった反面、それを日々持ち運ぶ人の体への負担は大きくなっているようです。

そこで、マイクロソフトが設置したのがこちらの“リアルタイムで姿勢をスキャンする”ボードです。

自分の体をボードに映すと、直ちにスキャンされ、荷物の重さが集中している箇所等が表示されます。

ボードの前には、極力体に負担を掛けない姿勢をレクチャーしてくれるプロのアドバイザーが控えており、スキャンされた結果を見ながら、より負担を和らげてくれる荷物の持ち方を教えてくれるというものです。

『Surface Pro 4』は総重量がわずか766グラムであると言い、高機能でありながら非常に軽量化されており、重たい荷物に悩まされている現代人にはうってつけの新商品であるとか。

より“正しい”(right)姿勢で、より“軽い”(light)端末を携帯しようと促すキャンペーンでした。