Case: Absorb plate

味は美味しいのに、油っこい料理が多いタイ料理。そんな料理を食べ続けた結果か、タイは現在、東南アジアで2番目に肥満度が高い国となっています。

タイの人々も高血圧・高コレステロールの危険性を分かってはいるものの、タイ料理を食べるのをやめることなどできません。

そこで、国民の健康を危惧したタイの政府組織・Thai Health Promotion Foundationは、料理を変えるのが難しいのであれば、その食べ方を変えようと提案。油の摂取を抑えてくれる画期的なお皿「Absorb plate」を開発しました。

一見シンプルなデザインに見えるこのお皿。お皿の表面には500個もの小さな穴があり、料理の油がその穴に溜まるようにデザインされています。

普通のお皿であれば、ついつい底に溜まったタレやソースまで食べてしまいがちですが、この穴に溜まった油はスプーンでもすくうことができないので安心。1皿につき7ml、カロリーにして30kcalの油の摂取を抑えることができるのです。

お皿を洗うのも簡単にできるようにデザインされています。

この画期的なAbsorb plateには、医者、デザイナー、料理研究家など、様々な分野の専門家から賞賛の声が寄せられているほど。

「これまで通りの料理を食べながら、もっと健康的になりましょう。」を謳うこのお皿。油っこい料理が好きなタイの人々でも、このお皿があれば、簡単に体質を改善できそうですね。