Case: Instagram Escape Room

4月7日から12日までの間、カナダではトロント・サイレント・フィルム・フェスティバル(TSFF)が開催されました。

1920年頃に黄金期を迎えたサイレントフィルムは、音声のある映画に取って代わられるまでの間に、1万本以上も制作されたそうですが、そのほとんどは保存状態が悪く、現在残っているのは全体のわずか3割ほどしかないのだとか。

しかし最新技術によって、これまで復元不可能だとされてきたフィルムの一部を修復することができるようになったのです。そこで今年のTSFFでは、これらの失われた名作にスポットを当てた上映会が行われました。

そしてこのイベントに合わせ、TSFFのインスタグラムアカウントに公開されたのが、無声映画をモチーフにした脱出ゲーム『Escape Room』。

荒れた室内が映し出された写真は、30個に分割してあり、タップするとそれぞれ短い動画を見ることができます。この動画の中から得られる手がかりを頼りに秘密の暗号を探り当て、この部屋から脱出するというゲームです。

@tsff2016_escaperoomが投稿した動画

@tsff2016_escaperoomが投稿した動画

こちらのゲーム、何千人ものユーザーがトライしているものの、見事脱出できた人はほんの数人しかいないのだそう。隠されたヒントを探す謎解きの要素と、約1世紀の時を超えて蘇ったサイレント映画を垣間見ることができるというワクワク感を、上手くリンクさせた施策ですね。