Case: Wonderful Life – Full TV Advert #WonderfulEveryday

人生には記念すべき大きなイベントがたくさんありますが、振り返ってみて思い出に残っているのは特別な日ばかりではなく、日常の小さな一コマであったりもしますよね。現在“Wonderful Everyday”キャンペーンを展開中のIKEAが、そんな小さな日常にスポットライトを当てて公開したテレビCMをご紹介します。

CMに登場するのは、有名人でもなければ著名人でもないごくごく普通のカップル。

2人で壁紙を貼ったこと。

裏庭で車を走らせたこと。

本棚を作ったこと。

お庭でお友達カップルとバトミントン対決をしたこと。

ホームパーティーで踊ったこと。

そんな日常のささやかな出来事は、2人にとってはかけがえのない宝物です。

2人にとっては、壁紙を貼った思い出は、アートディレクターになることに匹敵するくらい貴重な思い出であり、裏庭で車を走らせたことは、レースカーに乗ることに勝るとも劣らない価値があります。

本棚を作ったことは、ログハウスを作り上げる喜びに等しく、バトミントン対決はグランドスラム大会で優勝するほど嬉しく、そしてリビングで踊ったダンスは、記憶の中ではきっとブロードウェーのステージで踊ることと同じくらい幸せで大切な思い出として残っています。

すっかり年を重ねた老婦人の視線の先にあるソファは空席となっていることから、数々の思い出を築いてきたご主人がこの世を去ったことがわかります。

「人生を彩るのは、大きなイベントばかりではない。日常の小さな出来事こそが、忘れがたい大きな思い出となる。毎日を楽しもう。」とのメッセージで締めくくられたテレビCMでした。とあるカップルの軌跡をぜひ一度ご覧ください。