Case: Lifesaver backpack

お菓子メーカーのLukiが、コロンビアで、毎日川を渡って通学している子供たちに“ライフジャケット”ならぬ“ライフリュック”を配布するキャンペーンを実施しました。

コロンビアのジャングル地帯に暮らす多くの子供たちは、毎日ボートで川を渡って通学しています。

天候がいい日は何の問題もありませんが、川の天気は予測が難しく、突然の豪雨も珍しくありません。

急に川が氾濫することも多々あり、過去5年間で1万人以上の子供たちが溺死したとの報告があります。

そこで、フルーツ味のスナックで有名な菓子メーカーのLukiは、コロンビアの赤十字社と協力して、急な災害から子供たちの命を守る“ライフリュック”を製作し、配布するという取り組みを実施しました。

こちらがその“ライフリュック”。

学用品を運ぶリュックサックとして機能することはもちろんのこと、災害時にはリュックがライフジャケット代わりとなり、子供たちを溺水から守ってくれるという優れものです。

毎日の通学で必ず使うリュックに一工夫を施し、万が一の時は命を救うアイテムになるという“ライフセーバー・リュックサック”アイディアでした。