Case: Blind love

カナダ東部に位置するケベック州の観光局・Tourisme Québecが公開した、PR動画をご紹介します。

この映像はニューヨーク在住の一般男性、ダニー・キーンさんが初めてケベックを訪れ、様々な体験をする様子をドキュメンタリータッチで収めたもの。生まれつき目が不自由だというダニーさんが、観光ガイドのジュディスさんに案内されてケベックの魅力を満喫します。

ボートに乗って急流を下るラフティング、静かな空中散歩を楽しむ熱気球、崖の端と端を結んだロープを滑り降りるジップロープなど、体いっぱいに大自然を感じるダニーさん。

もちろん市内にも、賑やかなナイトライフ、ドレスアップして出かけるクラシックコンサートといった、見どころや観光スポットが満載です。

この映像に加え、ケベック州観光局は観光案内HP・Québec Originalを開設。サイトでは、上記のPRビデオをより詳しく、そしてダニーさんが体験した11のアクティビティについて、本人とツアーガイドのジュディスさん、双方の視点から観ることができるユニークな仕様になっています。

映像の途中、海辺でたき火を囲みながら、ダニーさんはこんな言葉を口にしています。

「キスをする時、泣くとき、祈るとき、人が目をつぶるのには理由があるんだ。」「人生でとても大切なことが起きている瞬間、それを心で感じるために、目を閉じるんだよ。」

視覚障害を持つダニーさんはもしかすると、目が見えている私たちよりもずっと多くのことを感じ、受け止めているのかもしれません。

息をのむほどの雄大な自然と、ダニーさんの笑顔に感動すら覚える、素晴らしくクオリティの高い映像となっていますので、ぜひご覧ください。