Case: JOIN THE FIGHT

オンラインDVDレンタル、及び定額制映像ストリーミングサービスを提供するNetflix(ネットフリックス)による、人気アメコミをドラマ化した『デアデビル シーズン2』のプロモーション。

トロント市内にあるイベントスペース・Yonge-Dundas Squareに設置された大きな看板広告には、シリーズの主人公『デアデビル』、凶悪犯罪者を粛清するダークヒーロー『パニッシャー』、そしてデアデビルの恋人であり謎の女性『エレクトラ』の3人が描かれています。

そしてその傍らには番組の告知とともに、「JOIN THE FIGHT(戦いに参加せよ)」とのメッセージがあり、この場所を通る人々に、3人の主要登場人物の中で自分が一番好きなキャラクターの名前をハッシュタグにしてTwitterなどの各SNSに投稿するよう呼びかけています。

それぞれのハッシュタグは、48時間ごとにその数をカウント。一番数の多かったキャラクターは他の2人を“攻撃”し、攻撃された看板には銃で撃たれたような穴が空いたり、体のあちらこちらに傷ができたりするという仕掛けです。

新シリーズで初登場するエレクトラ、パニッシャーという人物を紹介するとともに、ストーリーへの興味とワクワク感を掻き立てるデジタル施策でした。

『デアデビル シーズン2』は、3月18日よりネットフリックスで独占配信中です。ご興味のある方は下記の予告編(日本語バージョン)をご覧ください。

(via DDB Canada)